ホーム  校長室  行事予定  スクールライフ  給食室  図書室  保健室  委員会..クラブ 

コミュニティ・スクール

■平成29年度


平成29年度 第1回学校運営協議会

6月12日、今年度最初の学校運営協議会を行いました。
まず、学校長が本年度の学校経営方針を説明し、次に、本年度特に進めようとしている学習サポーターの組織化や見守り隊の組織化について説明し、ご理解とご協力を得られるようにお願いをしました。

地域に支えられている東小田小学校です。学校運営協議会でいただく様々な情報やご指摘をもとに一層充実した教育活動を展開していきたいと考えています。


■平成27年度

平成27年度学校運営協議会


会 長 寺原 裕明 区長代表 清水 正則
副会長 久保山武士 PTA会長 猿渡 美絵
学校関係者評価委員 矢野 和子 PTA副会長 木本 貴久
学校関係者評価委員 小能見深雪 学校長 宮普@春美
委 員 松澤 文人 社会教育行政関係者 岩下 定徳
委 員 清武 健二 指導主事 梶原 秀昭

第2回学校運営協議会協議内容

 期日:平成27年6月15日(月)
 場所:筑前町立東小田小学校

(1)サマースクールIN なのみについて
実施日 7月22日(水) 7月23日(木) 7月24日(金)
◇夜須中学校の生徒に学習会に参加してもらうように、中学校と連携する。

(2)地域の学習サポーターの活用について
◇地域で学習サポーターとして学校に協力していただける方へ幅広く呼びかける。
参加内容→土曜授業→放課後学習(月2回)→サマースクールIN なのみ→ウインタースクールIN なのみ

(3)今後の運営協議会委員の参加について
◇土曜授業へ参加し、学校の取り組みを評価する。
参加日 6月9日(土) 9月12日(土) 10月31日(土) 11月28日(土) 1月23日(土)

(4)第3回運営運営協議会について
◇1学期の学校評価と2学期の取り組みについて協議を行う。
期日平成27年7月23日(木)



■平成26年度


平成24年度より学校運営協議会を設置し、取り組みを進めています。昨年度は委員による熟議を6回行い、その中から6年生の総合的な学習の取組が新たに生まれました。昨年度の取組は「コミュニティ・スクール通信」にも掲載しています。本年度も引き続き塾議を行い取組みを進めているところです。2013年は6月に、3年生社会科学習に委員の石井保幸さんにゲストティーチャーとして来ていただきました。 コミュニティ・スクール通信 [7月号]




■平成25年度

3年生総合「筑前町ものしり隊」の学習

四三嶋のしし祭りについての話を聞いて、祭りに携わる方の苦労や努力を知る。

運営協議会の石井委員さんに教えていただきました。6月18日(火)の5校時になかよしルームでお話していただきました。

実際にしし頭やビデオ、写真を持ってきていただき、充実した学習となりました。途中ではっぴに着替えての実演もあり、子どもたちは真剣にお話に聞き入っていました。

子どもの感想から

石井先生からたくさん教えてもらってうれしかったです。おししもおもたいって気がつきました。おししいれをやってお米がみのったり、けんこうでいられるといいと思いました。ぼくもやってみたいです。

平成25年度学校運営協議会委員さん


通学区域住民
佐藤 賢治 会長

通学区域住民
寺原 裕明 副会長

主任児童員
矢野 和子 委員

通学区域住民
石井 保幸 委員

通学区域住民
久保山 武士 委員

PTA会長
内田 卓治 委員

PTA副会長
猿渡 美絵 委員

通学区域住民
小能見 深雪 委員

通学区域住民
清水 正則 委員
     

■平成24年度

6年生「ボランティア体験プロジェクト」の活動から

6年生がボランティア体験を計画し、実行していくときに学校運営協議会の委員さんに協力していただきました。
「お兄ちゃん・お姉ちゃん達の劇を見て、小学校の行事におどろいていました。作った面をはめてとても楽しそうでした。」
■篠隈保育所長  秦野 道子 委員
「子どもたちの態度がすばらしくお年寄りも感心していました。他の公民館にも広げてくれたらとの声が上がりました。」
■寺原 裕明 副会長
「子どもたちが考えたゲームをおじいちゃんおばあちゃんが楽しそうにしているのがとてもほほえましかったです。一人暮らしのお年寄りの訪問はちょっと不安がありましたが、子どもたちのがんばりでとても喜ばれました。」
■主任児童員  矢野 和子 委員

独居老人宅へ訪問した子どもの感想

ぼくは、ボランティア活動で森田さんという一人暮らしのおばあちゃんの家に行きました。最初はどきどきでした。でも、相手もどきどきしていると思ったので、ぼくががんばって一言しゃべったら、会話がはずみました。意外と話すとかんたんだなと思いました。ぼくが、ボランティアをして感じたことは、会話がはずむとぼくも楽しくなるし、相手も楽しそうだったので、いいなと思いました。
あと、そうじをしたら、ありがとうと言ってくれたので、うれしかったです。何かをすればお礼の言葉一つで自分がうれしくなる。それがボランティアの価値だと感じました。


平成24年度協力いただいた委員さん


通学区域住民
行武 正義 委員

PTA会長
内山 大輔 委員

篠隈保育所長
秦野 道子 委員

区長会代表
中島 茂喜 委員