ホーム  校長室  行事予定  スクールライフ  給食室  図書室  保健室  委員会..クラブ 

平成30年度 あいさつ
校長先生 今年は春の訪れが早く、校庭の桜も入学式を待たずに咲きました。それでも、お花のように可愛い新1年生が入学してくれて、学校はとても明るくなりました。

明治42年に創立された筑前町立東小田小学校は本年度、110年目を迎えます。私は、第30代校長として4年目を迎えました宮撫t美です。新年度を迎え、気持ちも新たに学校経営に励んでいるところです。

本年度は、全校児童497名、職員37名で「110チームなのみ」となりました。やる気と元気いっぱいの子どもたちと、子どもを愛し共に学び続けようという意欲に溢れた職員とで、新年度のスタートを切ることが出来ました。

さて、本年度は重点目標を「自分の言葉で話す・伝える子どもの育成」としました。しっかり鍛えたくさん褒めて育てて行きたいと思います。

そのために、東小田小学校の合言葉「なかよく のびのび みんなで」の文字通り全職員一致団結して教育活動に取り組んで参ります。

本年度もどうぞよろしくお願いします。


筑前町立東小田小学校校長  宮普@春美  


平成29年度 第3学期始業式のあいさつはこちらです。
平成29年度 第2学期始業式のあいさつはこちらです。
平成29年度 1学期終業式 講話はこちらです。
平成29年度 第1学期始業式のあいさつはこちらです。
平成29年新年の校長挨拶はこちらです。



平成29年度 なのみ通信
学校通信 [20号]
     
学校通信 [16-2号]
学校通信 [17号]
学校通信 [18号]
学校通信 [19号]
学校通信 [13号]
学校通信 [14号]
学校通信 [15号]
学校通信 [16-1号]
学校通信 [9号]
学校通信 [10号]
学校通信 [11号]
学校通信 [12号]
学校通信 [5号]
学校通信 [6号]
学校通信 [7号]
学校通信 [8号]
学校通信 [1号]
学校通信 [2号]
学校通信 [3号]
学校通信 4号]


平成28年度 なのみ通信
学校通信 [26号]
学校通信 [27号]
学校通信 [28号]
学校通信 [29号]
学校通信 [22号]
学校通信 [23号]
学校通信 [24号]
学校通信 [25号]
学校通信 [18号]
学校通信 [19号]
学校通信 [20号]
学校通信 [21号]
学校通信 [14号]
学校通信 [15号]
学校通信 [16号]
学校通信 [17号]
学校通信 [9号]
学校通信 [10号]
学校通信 [11号]
学校通信 [13号]
学校通信 [5号]
学校通信 [6号]
学校通信 [7号]
学校通信 8号]
学校通信 [1号]
学校通信 [2号]
学校通信 [3号]
学校通信 [4号]


平成27年度 なのみっ子通信
学校通信 [10号]
     




平成28年度 学校の教育目標と経営方針

1 学校経営の基礎

本校の教育は、日本国憲法、教育基本法、学校教育法、学習指導要領並びに「平成28年度筑前町教育施策」の教育方針を基盤として、児童及び地域の実態を勘案し、「共に生きる社会力をもつ子どもの育成」を図る。学校は、子どもにとって楽校でなければならない。また、教育は、「共育」であり、「郷育」、「響育」、「今日育」であるという考えに立ち、本校教育を推進する。

2 学校の教育目標

○ 本校の教育目標

共に生きる社会力をもつこどもの育成
〜「かよく・びのび・んな」で〜



3 めざす姿

(1)めざすこども像
○挑む子・・・進んで学習し、ねばり強く取り組む子
○見つめる子・・・相手の気持ちを想像・共感できる子
○鍛える子・・・健康や体づくりを心がける子

(2)めざす学校像
○こどもが行きたい、保護者が通わせたい、教職員が勤めたい学校
・こどもも教職員も「なかよく・のびのび・みんな」で伸びる学校
・歌声や笑い声が響き合う学校
・「安心できる」空気が流れる学校

(3)めざす教師像
○「すべてはこどもたちのために」を自覚し、実動する教師
・こどもに寄り添う教職員
・学び続け、使命感に徹する教職員

4 本年度の重点目標

「わかった」「できた」「やった!」を実感する子どもの育成

教育課題

(1)基礎・基本の学力を高める子どもの育成・・・「わかった」「できた」実感からの自尊感情高揚
(2)想像・共感的理解力を高める子どもの育成・・・共に「わかった」「できた」を実感する
(3)心身を自ら鍛えようとする子どもの育成・・・成功感、達成感「やった」

経営課題

多様な教育課題に的確に対応出来る協同的、機能的な組織運営
重点目標の共有に基づく、特色ある教育課程の共通実践
日々の授業で子どもに力をつける実践的指導力を育成する校内研修

5 経営の重点

(1)学校の自律性の確立と、家庭・地域と連携した活力ある学校運営の確立
○校務分掌組織の整備と機能化
○使命感と服務規律の確立及び健康管理
○学校運営協議会の充実と学校評価

(2)確かな学力と豊かな心の育成をめざす教育内容の充実
○「なのみ学力向上プラン」の計画的な実施・評価
○指導体制の工夫改善
○「筑前っ子育成プラン」によるキャリア道徳教育の推進

(3)個々の児童を伸ばす生徒指導の充実
○共に生きる社会力が育つ生徒指導の充実
○関係諸機関との連携(こども未来センター、SC・SSW等)

(4)特別支援教育の充実
○組織的な推進(校内委員会の機能化、個別の教育支援計画・指導計画の実施)を図る。
○関係諸機関との連携(巡回相談、特別支援学校等)

(5)読書活動の推進
○日常的・継続的な読書活動の推進

(6)人権教育の推進
○教育活動全体を通じた人権教育を組織的推進。
○「人権教育推進プラン」に沿った学習の展開

(7)健康教育の推進
○保健学習、食に関する学習の充実(養護教諭・栄養教諭の効果的活用)
○学校安全管理・安全対策の徹底
 共に生きる社会力をもつこどもの育成

(8)小中連携教育の推進

 〜「かよく・びのび・んな」で〜